Scandinavian Flooring Logo

スカンジナビアン・フローリング

ScandiiはScandinavian Flooring®の正規販売店です。

フローリングのメンテナンスと施工

Scandinavian Flooring®のお手入れとメンテナンスについて

スカンジナビアン・フローリングのオイルおよびホワイトオイル仕上げは、北欧らしい快適でナチュラルな室内環境を作り出す非常に素晴らしい表面仕上げ材です。
オイル、ホワイトオイル仕上げのフローリングをいつまでも美しく保つためには、施工直後から正しいお手入れをしていくことが非常に重要です。
フローリングは適切なお手入れにより日常のクリーニングが容易になると同時に、傷や摩耗に対して強くなります。
例えば、日常の清掃に加えてソープがけをすればフローリングの表面に目に見えない膜が作られ、表面を保護すると共に汚れがつきにくくなります。

お手入れ・メンテナンス剤をご使用になる前に、必ずお使いのフローリングが「オイル仕上げ」か「ホワイトオイル仕上げ」か「ソープ仕上げ」かをご確認ください。

標準のスカンジナビアン・フローリングは、工場出荷段階でオイルまたはホワイトオイル仕上げ済みですので一般住宅においても、商業施設などにおいても施工後ただちにご使用になれます。
しかしながら、フロアー表面の摩耗を防ぎ、より光沢を出すためにオイルソープ・ナチュラル(OSNAS)、オイルソープ・ホワイト(OSWHS)で予めクリーニングしてからご使用になることをお勧めします。

※オイルソープ・ナチュラル(OSNAS)はオイル仕上げのフローリング用、オイルソープ・ホワイト(OSWHS)はホワイトオイル仕上げのフローリング用です。

当サイトでで、ソープ以外でもナチュラルと記載してる製品は全てオイル仕上げ用、ホワイトと記載してるものは全てホワイトオイル仕上げ用です。

メンテナンス・塗装製品一覧

※以下の製品は国内在庫がありますので、短納期でのお届けが可能です

  • オイルソープ・ナチュラル(OSNAS)

    オイルソープ・ナチュラル
    (OSNAS)

    1L(約150〜200平米分)
    7,400円(税別)


    クリアオイル仕上げのフローリング用です。
    クリアオイル仕上げ床のご使用前のケアおよび日常のお手入れに使用します。
    ソープクリーニングは、汚れの程度にもよりますが一般住宅で1〜3ヶ月に一度、中歩行重歩行の商業施設等においては1週間〜1ヶ月に一度程度を目安にしてください。

  • オイルソープ・ホワイト(OSWHS)

    オイルソープ・ホワイト
    (OSWHS)

    1L(約150〜200平米分)
    7,400円(税別)


    ホワイトオイル仕上げのフローリング用です。
    ホワイトオイル仕上げ床のご使用前のケアおよび日常のお手入れに使用します。
    ソープクリーニングは、汚れの程度にもよりますが一般住宅で1〜3ヶ月に 一度、中歩行重歩行の商業施設等においては1週間〜1ヶ月に一度程度を目安にしてください。

  • フローリング クリーナー(CLEAN)

    フローリング クリーナー
    (CLEAN)

    1L(約100〜200平米分)
    5,900円(税別)


    日常のお手入れでは取れなくなった頑固な汚れを取り除いたり、ソープクリーニングを繰り返して表面の艶がなくなってきた時に古いソープを落とす為に使用します。
    「フローリング クリーナー」はフローリング表面をフローリングソープで保護していない状態に戻します。
    クリーナーを使用した後、「オイルソープ・ホワイト(OSWHS)」または「オイルソープ・ナチュラル(OSNAS)」で仕上げをしていただければ、再び美しいフローリングに甦ります。

  • ケアペースト・ナチュラル(CPNAS)

    ケアペースト・ナチュラル
    (CPNAS)

    0.4L(約80平米分)
    9,900円(税別)


    オイル仕上げフローリング専用のメンテナンス用品です。
    長時間の使用により表面の艶が無くなったり、摩耗が目立つようになった時、また、家具などによる凹み、傷、シミなどが付いてしまった場合にも、手軽な仕上げ材としてご使用頂けます。
    ※ソープ仕上げのフローリングにはご利用いただけません。

  • ケアペースト・ホワイト(CPWHS)

    ケアペースト・ホワイト
    (CPWHS)

    0.4L(約80平米分)
    9,900円(税別)


    ホワイトオイル仕上げフローリング専用のメンテナンス用品です。
    長時間の使用により表面の艶が無くなったり、摩耗が目立つようになった時、また、家具などによる凹み、傷、シミなどが付いてしまった場合にも、手軽な仕上げ材としてご使用頂けます。
    ※ソープ仕上げのフローリングにはご利用いただけません。

  • ソープ・ホワイト(SOWHD)

    ソープ・ホワイト(※旧ディネセン ソープ・ホワイト)
    (SOWHD)

    5L(約200〜400平米分)
    14,900円(税別)


    ダグラスファーS(DONUS)」および「ダグラスファーL(DONUL)」のソープホワイト仕上げ塗装およびそのメンテナンス専用に開発された商品です。
    仕上げ材として木目を活かした美しい白さに仕上げるのはもちろん、日常のお手入れとしても汚れを落とし白さを取り戻すクリーニング材としてお使いいただけます。

  • ベーシック・ライ(下地材)(BALYE)

    ベーシック・ライ(下地材)
    (BALYE)

    1L(約200平米分)
    7,900円(税別)


    ダグラスファーS(DONUS)」および「ダグラスファーL(DONUL)」などの針葉樹材フローリングのための下地材です。
    針葉樹特有の木の変色を防ぐとともに、導管を開いてソープを浸透しやすくする働きがあります。
    長期間の使用で変色が現れるダグラス・ファー材やパイン材などをソープホワイト仕上げにするためには、「ベーシック・ライ(下地材)(BALYE)」の塗装工程が必要となります。

  • マスターオイル・ナチュラル(MAONA)

    マスターオイル・ナチュラル
    (MAONA)

    2.5L(約30平米分)
    21,400円(税別)


    3層構造のスカンジナビアンフローリング専用のオイル塗装剤です。
    オイルの性質としてフローリングの表面を保護し、低湿度・乾燥などから守る働きもあります。

  • マスターオイル・ホワイト(MAOWH)

    マスターオイル・ホワイト
    (MAOWH)

    2.5L(約30平米分)
    21,400円(税別)


    3層構造のスカンジナビアンフローリング、または「ダグラスファーS(DONUS)」および「ダグラスファーL(DONUL)」専用のオイル塗装剤です。
    オイルの性質としてフローリングの表面を保護し、低湿度・乾燥などから守る働きもあります。

メンテナンスのタイミングと対応製品チャート

スカンジナビアン・フローリングの日常のお手入れから傷の補修まで、どのようなタイミングでどのメンテナンス剤を使用するかなど、ご使用のフローリングの仕上げに照らし合わせてご参照下さい。

オイル仕上げ

毎日の掃除
  • ほうきや掃除機でほこりを取る
  • 乾いた雑巾かモップで乾拭き
  • 水拭きする場合は雑巾を必ずよく絞る
    ※水拭きした後は、ソープが薄くなる可能性がありますので、オイルソープ・ナチュラルでの仕上げをお勧めします
汚れが目立つようになったら

※汚れの程度によりますが、一般住宅の場合は1〜3ヶ月に1度、中歩行・重歩行の商業施設などにおいては、汚れに応じて1週間〜1ヶ月程度を目安にして下さい。

マニュアルダウンロード

ホワイトオイル仕上げ

毎日の掃除
  • ほうきや掃除機でほこりを取る
  • 乾いた雑巾かモップで乾拭き
  • 水拭きする場合は雑巾を必ずよく絞る
    ※水拭きした後は、ソープが薄くなる可能性がありますので、オイルソープ・ホワイトでの仕上げをお勧めします
汚れが目立つようになったら

※汚れの程度によりますが、一般住宅の場合は1〜3ヶ月に1度、中歩行・重歩行の商業施設などにおいては、汚れに応じて1週間〜1ヶ月程度を目安にして下さい。

マニュアルダウンロード

ソープ仕上げ

毎日の掃除
  • ほうきや掃除機でほこりを取る
  • 乾いた雑巾かモップで乾拭き
  • 水拭きする場合は雑巾を必ずよく絞る
    ※水拭きした後は、ソープが薄くなる可能性がありますので、ディネセンソープホワイトでの仕上げをお勧めします
汚れが目立つようになったら

※汚れの程度によりますが、一般住宅の場合は1〜3ヶ月に1度、中歩行・重歩行の商業施設などにおいては、汚れに応じて1週間〜1ヶ月程度を目安にして下さい。

マニュアルダウンロード

オイル仕上げ

日常のお手入れで汚れが取れなくなったり、表面の光沢がなくなってきたら
日常のお手入れで汚れが取れない、長時間の使用で艶がなくなったり摩耗が目立ってきたとき

ホワイトオイル仕上げ

日常のお手入れで汚れが取れなくなったり、表面の光沢がなくなってきたら
日常のお手入れで汚れが取れない、長時間の使用で艶がなくなったり摩耗が目立ってきたとき

ソープ仕上げ

日常のお手入れで汚れが取れなくなったり、表面の光沢がなくなってきたら
日常のお手入れで汚れが取れない、長時間の使用で艶がなくなったり摩耗が目立ってきたとき

オイル仕上げ

木の中にしみこんだシミやクリーナーでもとれないシミをとりたいとき、凹みや傷がついてしまったとき

ホワイトオイル仕上げ

木の中にしみこんだシミやクリーナーでもとれないシミをとりたいとき、凹みや傷がついてしまったとき

ソープ仕上げ

木の中にしみこんだシミやクリーナーでもとれないシミをとりたいとき、凹みや傷がついてしまったとき
  • サンディングをする(シミや傷のレベルによりサンディングの程度は異なります
  • ソープ・ホワイト(SOWHD)ソープ・ホワイト
マニュアルダウンロード

施工について(設計・施工業者様向け)

床暖房の使用

Scandinavian Flooring®は、表層4mm厚の挽き板を使用し、無垢そのものの温かさや耐久性を生かしながら木の繊維を直交させた3層構造により無垢の欠点である「ソリ」や「アバレ」を抑えた床暖房対応製品です。(低温床暖房推奨)

床暖房の種類

  • 3層フローリングでも天然木ですから床暖房の使用による乾燥で材は必ず収縮し現場の環境や施工によっては数ミリ程度の隙間が生じることはあり得ます。 無垢材は、現場の温度・湿度の変化に応じて常に伸縮を繰り返しています。 床暖房による隙間は、梅雨時には元に戻ります。 この点を十分以後理解頂いた上でご使用下さい。
  • 床下温度は27℃までとし、床表面温度が25℃を超えないような床暖房システムを選ぶか、温度コントロールや捨張りをすることにより表面温度を下げるような施工をして下さい。
  • 高温床暖房をご使用の場合は、床暖房パネル(熱源体)の上にフローリングを直接施工せずに、12mmの合板を捨張りにして糊・釘併用で施工して下さい。
  • 過乾燥を防ぐために、加湿器等を使用するなどして室内湿度を40%〜60%に保つようにして下さい。 適切な湿度は健康にも大切です。
  • 床暖房使用時は、カーペットやじゅうたんを使用したり、底面の広い家具などを置かないようにして下さい。 「こもり熱」により部分的に異常な高温となり、大きな隙間、割れ、反り、変色等の原因となります。
  • 床暖房使用開始の前後に「オイルソープ」を使用すれば、床表面のクリーニングとともに床に適度な油分を与えることにより過乾燥を防ぐ上で有効です。

床表面温度を25℃以下にしてゆっくり長く暖めるのが健康にも環境にもそしてフローリングにも優しい床暖房の使い方です。 急激な温度・湿度の変化を避けるようにお使い下さい。

施工方法

スカンジナビアン・フローリングは下地に応じて以下のような施工方法が可能です。
ウレタン系またはエポキシ系のフロアボンドをご使用ください。

  • 捨張り
    12mm厚以上の耐水捨張り合板の上に施工します。 この場合、合板とフローリングの間に防湿シートは使用しないでください。 結露の原因となります。
    ■ノリ・釘併用捨張り工法
    釘の代わりにステーブルの使用も可能ですが、オザネを傷つけないようにコンプレッサーの圧力を調整してください。
    ■フローティング工法
    ■全面接着工法
  • コンクリートスラブへの直貼り
    ■フローティング工法
    サネ部分に接着剤を使用するだけの非常にスピーディな施工方法です。 下地からの湿気防止のために、0.2mm厚程度の防湿シートを使用してください。 つなぎ目が200mm以上重なるように敷きこんでください。 不陸がある場合は、不陸調整・防湿のために下地マットをご使用ください。
    ■全面接着工法
    不陸がなく、十分乾燥した下地であれば全面接着による直貼りも可能です。
  • 既設フローリングへの施工(リフォーム)
    スカンジナビアン・フローリングは既存の床の上にそのまま施工するリフォーム用途にも最適です。
    下地の不陸及び消音には、十分に注意する必要があります。
    ■ノリ・釘併用捨張り工法
    ■フローティング工法
    ■全面接着工法

施工前の注意事項

Scandinavian Flooring®は、下地に応じて様々な施工方法に対応できますが、どの施工方法においても現場の環境として次の点に注意を払ってください。

  • ご注文頂いた「フローリングのタイプ、数量、樹種、仕上げ」と、お届けした内容が合っているか必ずご確認ください。
  • 運送時にダメージが起きていないかご確認ください。 万一ダメージがあった場合はすぐに運送会社にご連絡下さい。
  • 施工前は少なくとも48時間は、摂氏20度、湿度35〜65%の環境においてください。
  • 高さが違うなどの明らかな不良点がある板はより分けておいて下さい。 無料で交換致します。 あまり目立たない不良点がある板(少量の場合)は目立たない(見えない)場所にお使い頂くか、あるいは切り落として良材部分のみご使用下さい。
  • 筋模様や節、木目のばらつきなどは天然木の特徴で、不良品ではございません
  • 施工後に目に見える不良点のある板について申し出があっても、お受け致しかねます。
  • フローリングが施工される室内の湿度は常に35〜65%に保って下さい。
  • 下地に不陸がなく、ゴミなどが落ちていない状態であること。2mの距離で±2mm以内の水平レベルが必要です。
  • 下地は十分乾燥している状態でなければなりません。 特に新しいコンクリート下地の場合は、十分な養生期間をおいて施工してください。(下地の含水率10%以下) 同時に床下からの湿気対策に十分注意してください。
  • 天然木ですから色の濃淡や木目の違いは必ず出てきます。 必ず仮並べを行いバランスよく施工してください。
  • フローリングが施工される基礎・床が安定し、水平であることを確認して下さい。
  • 地面・床から湿気が出ないようにして下さい。

フローリングは施工ガイドにしたがって施工して下さい。
フローリングには直接シールやテープなど粘着性のあるものを張らないで下さい。
(やむを得ず養生テープを使用するときは、粘着力の弱いものを使い、長期使用は避けて下さい。 粘着剤が浸透し汚れや変色の原因となります。)

フローリング関連資料のダウンロード

価格表や施工・メンテナンス関係の各種資料が、こちらよりダウンロードいただけます。

北欧フローリングを導入する

スカンジナビアン・フローリングの導入にあたり、施主支給などのお取引に関するフローや、導入に至るまでによくあるご質問(FAQ)など。
北欧フローリングを導入する

製品ラインナップ

スカンジナビアン・フローリングの4種類のアイテムの詳細や、色の濃さ・幅の広さ・価格を基準とした条件別の製品リストなど。施工例は各商品ページに。
製品ラインナップ

お問合せ・サンプル・資料請求

フローリング関連資料のダウンロードや、フローリング全般に関するお問合せ、資料請求、フローリングのカットサンプルの無料お申込など。
お問合せ・サンプル・資料請求
お電話でのお問合せ

03-5859-0849

平日11:00〜17:00(土日祝休)

フローリング製品一覧

PRODUCT LIST

Leave a Reply