SCANDII’S SPECIAL ISSUE PP701

PP701 アームチェア

ハンス・J・ウェグナー 1965
PP Mobler

秘められた心温まるエピソード

北欧家具の4大巨匠のひとり、ハンス・J・ウェグナーが自邸のダイニングのためにデザインしたといわれるエレガントなダイニングチェア「PP701アームチェア」。
1965年発表。当時のウェグナー作品としては珍しく、スチールフレームに座と笠木だけの構造を持つチェア。
全体的なフォルムが軽快で透明感にあふれ、どんな空間にもすっきりと馴染みやすいロングセラー商品です。
実はこの「PP701アームチェア」、ウェグナーの妻・インガ夫人お気に入りの一脚でもあります。
そこにはウェグナー夫妻の可愛らしく心温まるエピソードが秘められているのも密かな人気ポイントです。

心温まるエピソード〜夫婦で愛したダイニングチェア

自邸ダイニングで愛用されていた「PP701アームチェア」。
ウェグナーはある時、「自らがデザインした椅子の中でどれが一番好きか」と取材される。その時そばにいたインガ夫人にその質問をしたところ、夫人はウェグナーが彼女のためにデザインした「PP701」と答えた。 そしてウェグナーも「私もこのPP701が最も好きである。なぜならインガが好きな椅子だから」と答えたそう。
ウェグナー夫妻の可愛らしく心温まるエピソードが秘められたチェアである。

スチール×木材はレアアイテム!しかも大人かわいい

木材にこだわり続けたウェグナーには非常に珍しく、スチール脚を使った軽快な印象のチェア。どんな空間にもすんなり馴染みやすい。
スッキリとしながらも、背もたれや座面、脚部を描く柔らかい丸みがエレガントさを演出。アーム部分の丁寧に削られた丸みも心地よい。
「えっ?ウェグナーでスチール!?でもフォルムがエレガントで大人かわいい」とファン心をくすぐる人気チェア。

北欧家具のぬくもり、メイドインデンマークの想い

一見シンプルに見える背もたれ部分は、4つの無垢材を2枚の薄い木材で寄せ木にし、さらに十字型の「契」で結んだものを丁寧に削り出されたもので、1脚ずつ専門の職人が手作業で仕上げている。まさに北欧家具らしい温もりを感じる部分。
本来左右の部材を繋ぐ際に強度を高める役割の「契」をあえてデザインのポイント=デンマーク国旗のクロスとして美しく見せるあたりはさすがウェグナーといったところ。

カスタマイズ簡単!豊富なバリエーションが人気の秘密

背もたれの材は全13種類、座面のレザーは6種類のカラーから選び、組み合わせることが出来るのも「PP701アームチェア」の大きな魅力。背もたれと座面カラーが変わるだけでガラッと印象が変わる。
素材を活かした北欧的ナチュラルテイストから、レッドラッカーの背もたれxブラックレザーの座面のモダンテイストなど、ウェグナーの名作を気軽に自分のテイストでカスタマイズできるのも楽しい。スカンディならカスタマイズも簡単!

Leave a Reply