記事

新着情報、特集ページ、デザイナーにまつわるエピソードなど、製品情報以外にも様々な情報をお届け。おすすめしたいコンテンツの紹介です。

PATO リサイクルでできた椅子

汎用性が高いって何?について調べてまとめてみた!

デンマークの家具や国の人達に触れてると、どうやらよく聞く言葉がありました。
それが「汎用性」(はんようせい)です。

調べてみると汎用には、「ある物事について、幅広く適用したり、一般的に活用したりすることができる性質を意味する表現である。また、さまざまな用途や分野に用いることができるさまを意味する語」のようです。

なんかわかったような気もするけど、いまいち掴めない…。
理解してないのに、高い低いの話をされても余計わかりにくい。一体、汎用性ってなに?

そんな頭の中のクエスチョンからはじまった汎用性について、SCANDII の事例と実体験を通して、幾つかご紹介させていただきます。

汎用性が高いと感じる例題を3つ

・地球保護を支援するサスティナブル体験(体験)
・あらゆる空間と環境において(モノ)
・新品とヴィンテージ(モノ & 体験)

地球保護を支援するサスティナブル体験という価値(体験)

PATOチェア サスティナブルデザイン

北欧デザイナーズ家具ブランドの1つ「Fredericia(フレデリシア)」から発表されたパトチェアは、地球環境保護を支援するための持続可能な取り組みにより、完成したサスティナブル体験ができる椅子です。

地球や自然環境問題に配慮されたデザインによって、わたしの心もちょっぴり心地いい気分にさせてくれました。

これを「サスティナブル体験」といいます。もし、あなたがサスティナブル体験をできる家具に触れた時、あなたはどう感じると思いますか?

サスティナブル素材でできた家具
サスティナブル素材でできた家具

使用されている木材は、森を守るマークFSC認証を得ている木材を使用。アームレストで使用される素材は95%〜100%リサイクルアルミニウムでできています。

この事例なら、汎用性が高いという意味合いが理解ができました。

詳しくはこちら → PATOコレクション

あらゆる空間と環境においても心地いいを演出する価値(モノ)

J39チェアとC18|モーエンセン

同じくフレデリシアから発表されたJ39チェアは、言わずと知れた「ボーエ・モーエンセン」デザインの傑作品として知られている椅子です。

伝統的なデザインで魅了されるが、現代のニーズにも美しく昇華させた椅子の特徴は、個人の家以外の公共の場でもよく使用されています。その中でも、特に印象的なJ39チェアだったのが、コペンハーゲンにあるデンマーク・デザインミュージアム内で展示されているJ39チェアでした。

その写真が下の一枚です。

住居空間以外にも公共空間といった学校、カフェ、レストラン、様々な空間や環境において活用されている為、汎用性が高いと感じる。

デンマークデザインミュージアムにあるJ39とC18テーブル
1950年代以降のヴィンテージ品のJ39チェアとC18ダイニングテーブルです。

新品からヴィンテージへ変わる価値(モノ & 体験)

北欧デザイナーズ家具が好き、または興味がある方に質問です。
あなたは新品(現行モデル品)とヴィンテージ品はどちらが好きですか?

議論をしたいわけではありません。
どちらも素敵な家具なのは間違いありませんから。

そうではなく、1950年代に発表された当時の新品が、今ではヴィンテージ品となっている事実があり、それは現代の新品(現行モデル品)が、数年経過した時、また新たなヴィンテージ品となる価値がデンマーク家具にはあり、そのサイクルは止まることがありません。

持続可能な品質と素材を使用し、丈夫で長持ちする家具が大前提であるデンマークデザインの家具は、幅広く、長く使い続けられいることを証明している、ひとつの事実です。

価値とは、購入時より価格が高騰する可能性があるという意味合いだけでなく、家族と過ごした思い出や記憶という価値もふくまれると思うので、やはりデンマークデザインの価値はモノも体験もセットでついてくるようです。

実体験談!プレゼントして気づいた汎用性の高さ

J19ロックングチェアブラック

あなたがあなた以外の人にプレゼントすることでも汎用性が高いことを体験できます。
ここからはわたしの実体験談です。

2021年入って直ぐに新しい椅子を母に届けました。
映画の見過ぎかもしれないけど、歳をかさねた高齢の母親が座ってる椅子といえば、ロッキングチェアというイメージもあり、最終的に決めました。しかし、座ってもらう椅子は安定性と立ち上がりがとても大事でした。足腰が悪い母親にとって、通常の椅子では何かと苦労が多いからです。そこで、ロッキングチェアだと、アームの支えもあり、振り子の反動を利用して立ち上がれるので、楽だと喜んでいました。

体に負担がかからないようにとプレゼントした椅子でしたが、さらに良い点が見つかります。
楽な姿勢で座れるだけでなく、うしろ姿勢で重心ををあずけられるので足を伸ばしたり腕を伸ばしたりストレッチもできると言っていました。(腕を180度ほど左右に大きく広げた時に、ハイバックのフレーム部分を二の腕に押し付けてマッサージしているとも言っていました)

腰がいたくなってくると、座り姿勢で腰を自力で立てるより、重心後ろにして腰をあずけられる方が座り姿勢としては、どうやら楽らしいです。

誰かにプレゼントすることで、喜んでもらえる価値

そして、何よりも誰かにプレゼントすることで喜んでもらえる価値は、わたし自身をも心地良い気分にさせてくれました。

よいモノをプレゼントしただけで十分満足ではあるが、相手に喜んでもらえたら尚嬉しいはず。嬉しくないと感じる人にわたしはまだ出会ったことがありません。きっとみんなハッピーな気持ちになるはず。

母親にプレゼントした椅子ですが、わたしもたくさん座ります。
すごくリラックスできる椅子なので、読書したり、座りながら瞑想したり、とにかく汎用性の高い活用をしてるのは、今ではわたしのほうです。誰かにプレゼントすることで、また誰かをきっと幸せにしてくれる。

これもまた、さまざまな用途や分野に用いることを意味する「汎用」を説明する時の、事例として記憶しておきたいと思います。

本記事は、実体験ベースと事例ベースに基づき、幾つかご紹介させていただきました。

「汎用性が高いってなに?」もし少しでも参考になりましたら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

【本記事で紹介した家具】

詳しくはこちら → PATOコレクション

J39チェアを詳しく → 商品ページへ

C18 ダイニングテーブルを詳しく → 商品ページへ

J16ロッキングチェアを詳しく → 商品ページへ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。