記事

新着情報、特集ページ、デザイナーにまつわるエピソードなど、製品情報以外にも様々な情報をお届け。おすすめしたいコンテンツの紹介です。

当該ショールームの画像

東京で体験!家時間がもっと好きになるデンマークの家具

家で過ごす時間が増えたけど、どう楽しく家で過ごすかを模索している。
今まさに、そんな真っ最中だったりしませんか?
生活様式が変わり、これまでになかった不安や悩みを感じてしまうのは今は珍しいことではありません。

そこで今回は、家で過ごす時間をネガティブな感情からポジティブな感情へと変えて、新たな楽しい家時間を見つけられる。そんな時間のお供になれるような、家がもっと好きになる家具をご紹介します。家がもっと好きになれる家具は、人にやさしい家具でもあります。

より快適な家時間を過ごしたいと思いの方、または家具を買い替えを検討中の方には是非読み進めて頂きたい内容となっております。
(情報よりも家具だけを知りたい場合は、目次からスキップお願いします)

家がもっと好きになる家具が〝デンマークの家具〟である理由を分析

先に要点を3つまとめました。

① 家時間を楽しむ国民性
② 生活に必要な道具に対して妥協しない
③ 世界一幸せな国が作る家具の根底にあるもの

順番に説明していきますね。

家時間を楽しむ国民性

家時間を楽しむ画像

これにはデンマークの長く厳しい冬の気候が関係しています。季節ごとに日照時間が大きく異なり、冬は日の出が午前8時、日の入りが午後3時、暗闇のような時間が長いのです。それ以外にも典型的な一週間の就業時間は37時間、午後4時には出社、残業もせずにまっすぐ家に帰ります。

働き方も日本と比べて柔軟でコロナ以前からデンマークでは、在宅勤務は日常的のようです。
税金も高く外食も好まない為、おのずと家時間を楽しむことを大切にしています。

生活に必要な道具に対して妥協なし

「デンマークって本当に家具が好きですね」と、感じるエピソードを紹介させていただきます。

あるとき、一本の電車が遅延しました。そのお詫びとして、乗客全員に補償としてデザイナーズチェアを差し上げたそうです。正直、驚きですよね。他にも、社会人になり初任給で買うはじめての大きな買い物がデザイナーズチェアだったりと。

とにかくデンマークの人達は家具に限らずですが、家時間を大切にしているからこそ、生活に必要な道具に対してこだわりが強いんです。
そんなこだわりの強い人達を納得させるだけの魅力がデンマーク製の家具にはつまっているようです。

世界一幸せな国が作る家具の根底にあるもの

人が幸せになるデザイン

2020年度版の世界幸福度ランキングでデンマークは2位(日本は62位)でしたが、世界一幸せな国として有名なデンマーク。

そんなデンマークの家具は「人をしあわせにするデザイン」「人のためのデザイン」が、根底としてあります。しかし、家で過ごす時間を大切にし、心豊かな暮らしを続ける国民を納得させるには、高性能高品質だけでは意味がありません。

地球の生態系に影響を及ばさないよう、持続可能かつリサイクル可能なサスティナブルな家具であることも重要です。そういった自然との共存をもとに創り出される人にやさしい家具は、回り回ってわたしたちの日常生活をより楽しく、幸せな気持ちを素直に感じれる心を、家具が体験させてくれます。

以上3つの要因、家がもっと好きになる家具が〝デンマークの家具〟である理由でした。

メイド・イン・デンマークのデザイナーズ家具を東京で体験する

これから紹介するデンマークのデザイナーズ家具の一部は、東京にあります当該ショールームで実際に体験できます。

ショールーム内覧予約をご希望される場合は、当記事の最下部にリンクがありますので、そちらからお問い合わせお願いします。

家がもっと好きになるデザイナーズ家具 ノミネート3選

家に帰るのが楽しみになるほど、ファーストクラスな座り心地を体現したのがこちらの「ベアチェア」です。
名称の通り、熊が手を広げて愛らしく立っているかのようなフォルムと、その大きな手とカラダに優しく包まれてるような座り心地が特徴です。キング・オブ・パーソナルチェアといえば?この問いに対して「ベアチェア」と答える北欧家具フリークの人も多いはず。それほどまでに快適性も安楽性も高いので、ご高齢の方でも安心して座れますし、立ち上がりも楽なイスです。
映画やドラマ、TV以外にも動画配信サービスなどで長時間動画をついつい観ちゃったりしませんか?
長時間同じ体勢で座っているよりも、ゆらゆら揺れながら座れるし、後ろに体重をあずけても倒れずに支えてくれる感覚が心地良いです。赤ちゃんが泣き止んだり安心する「ゆれる」あの感覚と似ていますかね。
リラックスも出来て、揺れる感じも楽しく、心も安心できるので本当素晴らしい家具です。
趣味や仕事の時間など、とにかく座ってることが多いわたしたちの日常ですが、座るという行為にこだわり研究し、人間工学に基づき完成されたイスです。一般的なイスやソファとは異なる座り方ができるのが特徴で、座るというより「腰掛ける」に近いですかね。異なる座り方ができるイスが家にあることは実はメリットなんです。
特に在宅勤務が増えた人は、仕事モードのイスと休憩やリラックスタイムの時に座るイスと使い分けられるので、仕事とプライベートの線引きに悩む人にとっても有効です。イスとしても魅力ですが、ただ置いてるだけでもおしゃれですし、インテリア感覚で見て楽しむ家具としても良いですね。

最後に。内覧予約はこちらから

と、いうわけで今回は以上となります。

当記事で紹介した家具以外にも、ショールームではたくさんのメイド・イン・デンマークのデザイナーズ家具が展示されています。本場デンマークの空気感も味わえますし、もしかしたらあなたの生活がより楽しく、より家が好きになる家具と巡り合えるかも知れません。

内覧をご希望の方や展示物の確認など、こちらからどうぞお問い合わせ下さい。

あなたとお会いできるのを楽しみに。
好きな家具の話、趣味の話、なんでも。お会いした時にいろいろお聞かせ下さい。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。