記事

新着情報、特集ページ、デザイナーにまつわるエピソードなど、製品情報以外にも様々な情報をお届け。おすすめしたいコンテンツの紹介です。

デザイナーズ家具の魅力

デザイナーズ家具の魅力

デザイナーズ家具はデザイナーが素材から厳選し、それを使う人のことを最大限に考えられています。デザイナーズ家具のブランドはイタリアや北欧に多く、その理由は家具に対してこだわりの強い人々が多いからとも言われています。
デザイナーズ家具は高額ではありますが、木の一本一本から厳選して作られているだけあり品質が高く、何十年も使える耐久性があります。また、もし壊れてしまってもデザイナーやブランドが丁寧に対応します。
デザイナーズ家具は何十年経過しても世界中で人気があり、北欧ヴィンテージ家具と呼ばれ愛されています。この記事ではそんなデザイナーズ家具について詳しく知っていただければと思います。

量販家具やリプロダクト品との違い

量販家具について

まず、デザイナーズ家具とそれ以外の家具との違いについてみていきましょう。
家具を買おうとしたとき、多くの人がニトリやIKEAなどの量販家具店へ探しにいくかと思います。量販家具店の製品は価格を抑えるため工場で大量生産され、購入した方が自身で組み立てるDIY方式が一般的です。
普段使いには十分な性能の家具が安価に入手できるのが魅力で、どのような場所でも使えるように無難なデザインが多いのが特徴です。ですが、同じ家具を使っている人も多いので、物足りなく感じる人が多いのではないでしょうか。

リプロダクト品について

リプロダクト品とはジェネリック品とも呼ばれており、意匠権の期限が切れた家具を正規メーカー以外が製造している物を指します。製造するメーカーが素材を変更するなど工夫をして低価格を実現していますが、同じような製品でも品質にはかなりの差があります。

デザイナーズ家具の「見えない価値」

デザイナーズ家具はその性能や見た目のデザインを重視されがちですが、それ以外にも見えないたくさんの魅力や価値が存在します。その見えない魅力や価値こそ、北欧家具が世界中の人々を魅了し続ける理由のひとつです。
特に北欧家具の中でもデンマーク製のものは根強い人気を誇っており、その背景には近年日本でも聞くことが増えてきたHygge(ヒュッゲ)という文化的価値観があります。
デンマークでは安定した社会インフラが存在しており、医療費や学費、年金などが充実しており将来の不安を感じる人が少ない為、デンマーク国民は生活や時間にゆとりがあり、その日の人生を充実させることを優先しています。
そういったデンマークの人々が求める家具が作られ続けてきた背景があり、デンマークには優れたデザインがたくさん生み出されました。そういった想いがデンマークデザインには込められており、その想いこそが今日まで世界中の人々を魅了し続けてきたのです。

空間を彩るデザイナーズ家具

デザイナーズ家具は敷居が高いように思えますが、存在感があるのでインテリアにひとつ加えるだけでも一気に部屋が見違えます。例えば部屋の中央にソファがひとつあるだけでも雰囲気が変わり毎日の生活が彩られます。
デザイナーズ家具は日常生活だけでなく、近年ではオフィスで使用されることも増えてきました。オフィス用のデザイナーズ家具には目的に合わせ様々なデザインの家具が用意されており、会議室には集中力が高まる雰囲気のデスクやソファ、食堂にはリラックスした雰囲気を作ることができるテーブルやチェアがあり、それらを上手く組み合わせることにより会社のイメージを形作ることができます。

まとめ

高額で手を出しづらいと思われがちなデザイナーズ家具ですが、その分高品質な素材が使われており、デザイナーやブランドのこだわりも強く表れているため愛着が湧きやすく長く使い続けることで馴染むようになってきます。
SCANDIIでは他にはない多種多様なデザイナーズ家具を取り扱っていますので、お客様のご希望に沿う最適な商品を用意できます。
実際にSCANDIIの家具をお客様に体験していただけるショールームもございますので、お気軽にお問い合わせください。

ショールームのご案内

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。